本文へ移動

<三河撮りある記>(38)設楽・大てんぐの像

2020年9月20日 05時00分 (3月24日 14時41分更新)

天狗棚の駐車場にある「大てんぐの像」=設楽町津具で

 大きな雲を背景に三体のてんぐの像が鎮座する。特にひときわ大きくカラフルな色彩の大てんぐは、白い雲と青い空、緑に色づく山の景色とは違う雰囲気を醸し出している。
 豊田市稲武地区と設楽町にまたがる自然公園の面ノ木園地。園地内の山「天狗棚(てんぐだな)」は標高一二四〇メートルで、...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

愛知の新着

記事一覧