本文へ移動

久保建英が途中出場のビリャレアルが今季初勝利 “絶妙トラップ”乾に高評価 エイバル加入直後の武藤は出番なし

2020年9月20日 10時50分

このエントリーをはてなブックマークに追加
久保建英

久保建英

 スペイン1部のビリャレアル対エイバルが19日に行われ、エイバルの乾貴士(32)が先発フル出場、ビリャレアルの久保建英(19)が途中出場した。エイバル加入直後の武藤嘉紀(28)はベンチ入りしたが出場機会は巡ってこなかった。
 久保にとっては開幕節ウエスカ戦での岡崎慎司(34)に続く日本人対決。その中で最初に見せ場を作ったのは乾だった。前半21分、味方GKからのロングキックを右足アウトサイドで絶妙なトラップ。そこから相手と競り合いながらドリブルで左サイドを切り裂き、シュートこそビリャレアルGKに阻まれたものの、個の能力の高さを見せつけた。
 一方の久保は後半40分にピッチへと入ると、その直後にチャンスを作る。右サイドで得意のドリブルで相手マーカーをかわすと、ゴール前に鋭いラストパス。そこに詰めていた味方2人が合わせることはできなかった。とはいえその後もシュートを放つなど、ゴールを積極的に狙う姿勢を見せた。
 試合は2|1でビリャレアルが今季初勝利。現地紙「AS」の採点(3点満点)では乾が2点の高評価を受けており、出場時間が少なかった久保は1点にとどまっている。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ