えっ!生島ヒロシの長男が仮面ライダーに!36歳生島勇輝「まさか、この年になって…」初の“子連れライダー”

2020年9月20日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
大きな剣を武器に戦う仮面ライダーバスター役の生島勇輝(c)2020石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

大きな剣を武器に戦う仮面ライダーバスター役の生島勇輝(c)2020石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

  • 大きな剣を武器に戦う仮面ライダーバスター役の生島勇輝(c)2020石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映
◇仮面ライダー「バスター」役
 フリーアナウンサー生島ヒロシ(69)の長男で俳優の生島勇輝(36)が20日、テレビ朝日系「仮面ライダーセイバー」(日曜午前9時)にイクメンライダー「仮面ライダーバスター」役で登場する。
 生島が演じるのは「最強の剣士であり、最強の子育て王」である尾上亮(おがみ・りょう)。“子連れライダー”は1971年(昭和46)に放送がスタートしたシリーズ50年の歴史で初となる。
 「まさか、この年になって仮面ライダーのお話がくるとは…。妻がバリバリと働いていて、普段は子供の面倒を見ながら主夫の仕事をし、いざとなると戦いの場に行く。令和ならではの新しい仮面ライダーです」とアピールしている。
 2011年に俳優デビューし、テレビ朝日系ドラマ「緊急取調室」での居酒屋「しんじ」の主人役や「風化させない東日本大震災」をテーマに堤幸彦監督(64)が記録するTBS系ドキュメンタリードラマ「Kesennuma,Voices」などでキャリアを積んできた。
 「今年、役者としてダメだったら別の方向に行かなくちゃならないと思っていたんですが‥。このチャンスを生かして、役者として次のステージにいきたいです」と大“へ~んしん”を誓った。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ