「めったに団結しない?」文化放送アナ8人が“異色”バンド結成『おうち時間』楽器練習が思わぬ形で結実

2020年9月19日 22時51分

このエントリーをはてなブックマークに追加
一発勝負の本番を目指し、練習するアナウンサーたち

一発勝負の本番を目指し、練習するアナウンサーたち

  • 一発勝負の本番を目指し、練習するアナウンサーたち
◇29日「くにまるジャパン極」生放送中に演奏披露
 コロナ禍の生活をきっかけに楽器演奏を始めた文化放送のアナウンサー8人が“異色”のバンドを結成。29日放送の「くにまるジャパン極」(月曜~金曜午前9時)の生放送中に一発勝負で練習の成果を披露する。
 バンド結成は、今年4月の新型コロナウイルス感染拡大で政府の緊急事態宣言が発出された際、アナウンサーがそれぞれ以前取り組んだ楽器や、初めての楽器の練習を始めたのが契機だった。アナウンス部内で砂山圭大郎アナ(45)らが「せっかくだから、みんなでバンドを組んで何かをやろう」と声を上げ、企画が動きだしたという。
 バンドといっても、楽器編成は独自色にあふれる。パーカッション、ウクレレ、ベースにオカリナ、リコーダー、鉄琴…。演奏曲も気になるが、当日までシークレットの1曲のみ。砂山アナは「謎の布陣にどう曲を成立させるか、楽譜も書き換えたアレンジにも注目してほしい」と話し、本番に向け、準備に余念がない。
 番組のパーソナリティーでパーカッション担当の野村邦丸アナ(63)は「合奏なので心を合わせないとできない。気分は『We Are The World』です」。番組「宗次郎 オカリーナの森から」(土曜午後5時15分)を担当している西川文野アナ(28)はオカリナを演奏。「自分の今までの軌跡、仲間と歩んできた道を自覚するためにも新たな作品を作りたい」とコメントした。
 9月末に契約満了で退社する長麻未(ちょう・あさみ)アナ(38)は砂山アナの子どもから拝借した鉄琴担当、同じく退社を控える舘谷春香アナ(30)はリコーダー。同局で最後のライブに長アナは「30年ぶりに鉄琴のバチを手にしたが、まさか幼児用の鉄琴を演奏するとは!?」。舘谷アナも「『暇なのでリコーダーでも練習します』と言ってから早3カ月。めったに団結しない? 私たち文化放送アナウンサーが果たして息の合った演奏をできるのか、いろんな意味でご期待を」と“微妙”なコメントを寄せた。
 エレキギターを担当する松井佐祐里アナ(28)は「おうち時間に始めた念願のエレキ。始めたばかりで、周りには和楽器のびわの音色といわれますが…」と猛練習中とか。
 「当日の出来によっては次の舞台があるかも」との声も上がるが、果たして…。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ