届け、笑顔と感謝 津でサプライズ花火

2020年9月20日 05時00分 (9月20日 05時00分更新) 会員限定
サプライズで打ち上げられた花火=津市野田で

サプライズで打ち上げられた花火=津市野田で

  • サプライズで打ち上げられた花火=津市野田で
 津市内で十九日夜、久居地域の有志らがサプライズ花火を打ち上げた。七十五発の花火が午後八時から約五分間、夜空を鮮やかに彩った。
 地元の人に笑顔を届けたいと久居ライオンズクラブが企画し、榊原温泉振興協会、久居げんき会などが協力した。新型コロナウイルスと闘う医療従事者にもエールが送れたら、と病院から見える打ち上げ会場の選定にこだわったという。
 「想ひ火プロジェクト」と銘打ち、事前に市内の病院や児童クラブなどに約四百個の手持ち花火も配った。
 久居ライオンズクラブの小川賢司会長(54)は「全国でサプライズ花火を企画した人たちと同じ気持ち。やまない雨はないと思うから、みんなで協力して笑顔で乗り切ろう」と話した。 (杉山果奈美)
記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

三重の最新ニュース

記事一覧