大垣商・谷口『120キロ台直球』でプロ注目の強打者抑えて完投! 岐阜第一の阪口を内野安打1本に

2020年9月19日 20時25分

このエントリーをはてなブックマークに追加
完投した大垣商の谷口

完投した大垣商の谷口

  • 完投した大垣商の谷口
◇19日 秋季高校野球岐阜県大会準決勝 大垣商4-1岐阜第一(長良川)
 秋季高校野球岐阜県大会準決勝が19日、岐阜市の長良川球場であり、県岐阜商と大垣商が20日の決勝に進出するとともに、秋季東海大会(10月24、25、31日、11月1日、三重・ダイムスタジアム伊勢、四日市市営霞ケ浦第一)出場を決めた。
 2年連続で秋季岐阜県大会決勝進出と東海大会出場を決めた大垣商は、背番号10の左腕・谷口優喜投手(2年)が被安打8、1失点で完投。直球は130キロにも届かないほどだが、プロ注目の強打者、岐阜第一の阪口も内野安打1本に抑えた。
 有賀監督は「(リリーフで好投した)大垣養老戦で感覚をつかんだ気がしたので、今大会は彼中心で回そうと思った。ストライク先行で、緩い球をうまく使って、打ち気をそらしてくれた」とたたえた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ