首位浮上の古江彩佳 プロでの初優勝「したい気持ちはあるが…」大事なのは「伸び伸びと楽しむ」こと

2020年9月19日 20時04分

このエントリーをはてなブックマークに追加
第2日、18番で第2打を放ち、笑顔を見せる古江彩佳

第2日、18番で第2打を放ち、笑顔を見せる古江彩佳

  • 第2日、18番で第2打を放ち、笑顔を見せる古江彩佳
◇19日 女子ゴルフ デサントレディース東海クラシック第2日(愛知・新南愛知CC美浜C)
 古江彩佳(20)が5バーディー、ノーボギーで通算11アンダーとして、東浩子(28)=加賀電子=と並んで首位に立った。2打差の9アンダー3位は李知姫(イ・チヒ、韓国)。鈴木愛(26)=セールスフォース=は7アンダーで5位につけている。
 昨年10月の富士通レディースで史上7人目のアマチュア優勝を達成した古江が、プロ転向後の初優勝に前進した。1打差の2位でスタート。15番からの3連続バーディーや2日連続のノーボギーなどでスコアを5つ伸ばし、東と並ぶ首位に浮上した。「厳しいところもあったが、うまく切り抜けられた」と納得顔。プロ初優勝については「したい気持ちはあるが、そんなことは考えずに伸び伸びと楽しんでいけたら」と自然体で臨む考えだ。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ