凧揚げ大会、3世代集う場 鏡島まちづくり協議会

2020年9月19日 05時00分 (9月19日 11時00分更新) 会員限定
偶然見つかった虻凧を基に製作した大小の凧を並べる浅野さん(右)ら=岐阜市鏡島で

偶然見つかった虻凧を基に製作した大小の凧を並べる浅野さん(右)ら=岐阜市鏡島で

  • 偶然見つかった虻凧を基に製作した大小の凧を並べる浅野さん(右)ら=岐阜市鏡島で

 岐阜市鏡島(かがしま)地区の住民でつくる「鏡島まちづくり協議会」は毎年二月、長良川河川敷で凧(たこ)揚げ大会を開いている。今年で十七回となったイベントは、かつて美濃の空を舞っていた大虻凧(あぶたこ)の骨組みが偶然発見されて始まった。今では鏡島の冬の風物詩となっている。 (稲田雅文)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

岐阜の最新ニュース

記事一覧