特製ボトルでプラごみ減 ごみゼロ運動発祥、豊橋市が本腰

2020年9月19日 05時00分 (9月19日 11時40分更新) 会員限定
豊橋市が販売しているオリジナルのマイボトル=豊橋市役所で

豊橋市が販売しているオリジナルのマイボトル=豊橋市役所で

  • 豊橋市が販売しているオリジナルのマイボトル=豊橋市役所で
 ごみの持ち帰りを呼び掛ける「530(ごみゼロ)運動」発祥の地である豊橋市が今、プラスチックごみの削減に本腰を入れている。全国の小売店でレジ袋の有料化が義務付けられた七月には、使い捨てのプラ容器に代わるオリジナルボトルの販売をスタート。東京の環境調査団体の力も借り、市内の河川で初めてマイクロプラスチックの調査にも乗り出した。 (酒井博章)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報