ドローンや民間重機活用 豊田市消防本部が防災訓練

2020年9月19日 05時00分 (9月19日 10時39分更新) 会員限定
上空から埋もれた家屋の位置を確認する(ドローンで撮影)=豊田市小田木町で

上空から埋もれた家屋の位置を確認する(ドローンで撮影)=豊田市小田木町で

  • 上空から埋もれた家屋の位置を確認する(ドローンで撮影)=豊田市小田木町で
  • 民間のショベルカーと連携した救助訓練を行う消防隊員ら=豊田市小田木町で
 豊田市消防本部は十八日、同市稲武地区の山間地域で土砂災害が発生したとの想定で防災訓練を行った。ドローンによる空からの情報収集や地元企業が所有する重機と連携した救出活動などを組み合わせた訓練で、災害への万全の備えを目指した。 (小野開栄)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報