山田裕貴30歳誕生日に受賞…気を使わせた?から「しっかり俳優としてとれたことが確認」で喜ぶ

2020年9月18日 21時19分

このエントリーをはてなブックマークに追加
「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2020」のオープニングセレモニーで誕生日をメロン熊(右)に祝ってもらう山田裕貴

「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2020」のオープニングセレモニーで誕生日をメロン熊(右)に祝ってもらう山田裕貴

  • 「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2020」のオープニングセレモニーで誕生日をメロン熊(右)に祝ってもらう山田裕貴
 俳優の山田裕貴(30)が18日、東京都内で行われた「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2020」オープニングセレモニーに出席した。
 山田は女優の奈緒(25)、映画監督の杉原輝明さんとともに同映画祭恒例の「ニューウェーブアワード」を受賞。総合司会は悪性リンパ腫との闘病から仕事復帰したフリーアナウンサーの笠井信輔(57)が務めた。
 この日が誕生日の山田は「三十路(みそじ)になりました。映画祭も30歳で、ものすごくご縁を感じる。誕生日に気を使って選んでくださったのかなと思って聞いたら知らなかった(笑)。しっかり俳優としてとれたことが確認できたのでうれしいスタートになった」と受賞を喜んだ。
 映画祭の司会を担当して16年目の笠井アナは、夕張市民の寄せ書きがびっしり書き込まれた黄色のジャンパーを着て登場。「“耳なし芳一”みたいだけど、これが念となってがんが退散した」と感謝していた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ