本文へ移動

行方不明の高齢者発見に力「あんしんシール」 東員で27日からでPR劇 

2020年9月18日 05時00分 (9月18日 13時05分更新)
バッグに貼ったシールのサンプル。観覧者に目につくよう演劇用に拡大しており、実際はもっと小さい

バッグに貼ったシールのサンプル。観覧者に目につくよう演劇用に拡大しており、実際はもっと小さい

  • バッグに貼ったシールのサンプル。観覧者に目につくよう演劇用に拡大しており、実際はもっと小さい
  • 初演に向けて演技を確認する職員たち=東員町山田の町ふれあいセンターで
 行方不明になった認知症のお年寄りらの発見に役立てようと、東員町が昨年4月に配布を始めた「おでかけあんしんシール」の利用が伸び悩んでいる。知名度を上げて利用者を増やそうと、町地域包括支援センターと社会福祉協議会の職員がPRの演劇を制作した。27日から上演を始める。(諏訪慧)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

三重の新着

記事一覧