能登の幸 いっぱい 大和香林坊でフェア

2020年9月18日 05時00分 (9月18日 10時56分更新)
能登地方の食材が並ぶ「いしかわの里山里海物産フェア」=金沢市の大和香林坊店で

能登地方の食材が並ぶ「いしかわの里山里海物産フェア」=金沢市の大和香林坊店で

  • 能登地方の食材が並ぶ「いしかわの里山里海物産フェア」=金沢市の大和香林坊店で
 能登地方の農産物や加工品、菓子などを集めた「いしかわの里山里海物産フェア」が17日、金沢市の大和香林坊店で始まった。22日まで。
 羽咋市の棚田で栽培された「神子原(みこはら)米」や、能登伝統の揚浜式製塩法で作られた塩など特産の68品が並ぶ。イノシシ肉を使ったカレーも販売されている。
 世界農業遺産に認定された「能登の里山里海」で育まれた食材をPRしようと、能登地方の自治体と県でつくる「世界農業遺産活用実行委」などが主催した。県里山振興室の瀬川徳子課長補佐は「能登の暮らしの知恵が詰まった商品を知ってもらう機会になれば」と話している。(戎野文菜)

関連キーワード

PR情報