射水周遊バス実証運行 あすから、利用度を調査

2020年9月18日 05時00分 (9月18日 10時46分更新)
射水市が周遊バス実証運行で使用する車両=同市提供

射水市が周遊バス実証運行で使用する車両=同市提供

  • 射水市が周遊バス実証運行で使用する車両=同市提供
 射水市は、北陸新幹線新高岡駅、あいの風とやま鉄道小杉駅と複合交流施設「クロスベイ新湊」、海王丸パークを結ぶ周遊バスの実証運行を十九日から開始する。来年三月三十一日まで。
 同市を訪れる観光客や地域住民の交通の利便性向上を目的に、周遊バスの利用度を調査する。実施主体は新湊地区まちづくり協議会で、運行事業者は海王交通。
 ルートと料金は、平日は新高岡駅−クロスベイ新湊間のみで十八便(片道六百円)。土、日曜日と祝日は新高岡駅−クロスベイ新湊−海王丸パーク間の十二便(片道六百円)、小杉駅−海王丸パーク−クロスベイ新湊間の十二便(片道四百円)。クロスベイ新湊−海王丸パーク間は片道二百円。十二月までは乗り放題の一日乗車券(千円)も販売する。
 十九日〜十二月三十一日の運行は、平日運行の新高岡駅−クロスベイ新湊間の早朝四便と夕方二便を完全予約制にする以外は定時運行する。来年一月一日〜三月三十一日はすべて完全予約運行。予約は専用サイトhttps://imizu−bus.jp/もしくは電話で受け付ける。予約や問い合わせは、海王交通=電0766(82)6278=へ。(武田寛史)

関連キーワード

PR情報