のんほいの動物、骨まで愛して 豊橋市自然史博物館で標本展示

2020年9月18日 05時00分 (9月18日 10時47分更新) 会員限定
オランウータンやチンパンジーと同じポーズをとる安井さん=豊橋市自然史博物館で

オランウータンやチンパンジーと同じポーズをとる安井さん=豊橋市自然史博物館で

  • オランウータンやチンパンジーと同じポーズをとる安井さん=豊橋市自然史博物館で
 骨を愛してほしい−。豊橋市の豊橋総合動植物公園(のんほいパーク)内にある市自然史博物館で、飼育動物や野生動物の骨格標本を展示する「骨を愛(め)でる2〜のんほいパークの至宝展」が開かれている。同園で以前飼育されていた動物などの骨格標本二十一点を間近で楽しめる。十月四日まで。 (昆野夏子)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報