サルスベリ お待たせ見頃 万葉の里味真野苑

2020年9月18日 05時00分 (9月18日 10時00分更新)
約一カ月遅れで見頃を迎えたサルスベリ=越前市の万葉の里味真野苑で(山田陽撮影)

約一カ月遅れで見頃を迎えたサルスベリ=越前市の万葉の里味真野苑で(山田陽撮影)

  • 約一カ月遅れで見頃を迎えたサルスベリ=越前市の万葉の里味真野苑で(山田陽撮影)

 越前市余川町の「万葉の里味真野苑(えん)」で、サルスベリが見頃を迎えている。例年の見頃は八月中旬ごろだが、今年は遅咲きになった色鮮やかなピンクの花が来場者を楽しませている。
 サルスベリはミソハギ科の落葉中高木で、花の時期が長いことから「ヒャクジツコウ」と呼ばれる。苑内には約四十本の木がある。
 今年は八月下旬から咲き始め、九月初旬から本格的に開花した。隣接する万葉菊花園の担当者によると、遅咲きになった理由は不明で、九月中は楽しむことができる。十七日は苑内を散策する人の姿が見られ、花を見て回っていた。 (中場賢一)

関連キーワード

PR情報

ふくい地域ニュースの最新ニュース

記事一覧