エフエム石川 優秀賞 「浅川マキ」の番組 民間放送連盟中央審査

2020年9月18日 05時00分 (9月18日 10時25分更新)
 エフエム石川(金沢市)が企画、制作して一月に放送した特別番組「浅川マキ没後10年メモリアルプログラム LONG GOOD−BYE」が、優れたラジオやテレビ番組などをたたえる「日本民間放送連盟賞」の中央審査会で、ラジオエンターテインメント番組の優秀賞を受賞した。同社の受賞は初めて。
 同連盟賞は、日本民間放送連盟が一九五三(昭和二十八)年に創設。北海道・東北や中国・四国など地区ごとの審査会で一位通過した作品が、中央審査会に出品される。特別番組は中部・北陸地区審査会で一位に選ばれていた。
 浅川マキさんは白山市(旧美川町)出身の歌手で、六九年にメジャーデビュー。小劇場を中心に活動し「アングラの女王」と呼ばれたが、二〇一〇年一月に亡くなった。特別番組には、浅川さんのデビュー時にプロデューサーを務めた寺本幸司(ゆきじ)さんらが出演し、当時のエピソードなどを語っている。
 同社の安地(あんじ)昭博放送担当部長は「賞をもらえたのは大変光栄なこと。受賞のニュースをきっかけに、ラジオに耳を傾けてもらえれば」と話した。
 今回の受賞を受け、エフエム石川は十月四日午後七時から同番組を再放送する。(西浦梓司)

関連キーワード

PR情報

石川の最新ニュース

記事一覧