King & Prince高橋海人“どうぶつ大家族”にホームステイ 自給自足生活を体験

2020年9月17日 16時00分 (9月18日 02時07分更新)
『坂上どうぶつ王国』に出演する高橋海人(King & Prince) (C)フジテレビ

『坂上どうぶつ王国』に出演する高橋海人(King & Prince) (C)フジテレビ

  • 『坂上どうぶつ王国』に出演する高橋海人(King & Prince) (C)フジテレビ
人気グループ・King & Princeの高橋海人が、18日放送のフジテレビ系バラエティー『坂上どうぶつ王国』(毎週金曜 後7:00)に出演する。今回、高橋が番組がこれまで取材してきた“どうぶつ大家族”を訪問しホームステイ。大自然の中で自給自足生活を体験する。
 徳島県美馬市の山奥の集落に、犬や猫、ヤギ、ニワトリなど28匹の動物たちと暮らしている父と母、そして5人の子供たち。ガスなし、エアコンなしで、大自然の中でたくさんの動物たちと自給自足の生活をするこの大家族を、これまでVTRを通して見ていた高橋は「とにかくすごい!」とそのアイデアいっぱいの生活に感心していた。
 そんな大家族のもとを実際に訪れ、一家が始めた井戸掘りを早速お手伝い。自らシャベルを手に取り、地道に土を掘り進める。一家のお父さんからは「結構、さまになっている」と褒められるものの、炎天下での重労働に「これは大変・・・」と本音を漏らす。すると「(掘り始めて)2分で何言ってるの! もっと掘ってから言ったら!」と叱咤され、思わず苦笑いする一幕も。
 そして虫が大の苦手という高橋は、子供たちが捕まえたバッタに、「うわー! 無理、無理、無理! それだけはどうか・・・!」と絶叫、逃げ出してしまうハプニングも発生する。しかし、その後も黙々と土を掘り続けると1時間で1センチほど掘り進め、手にできたマメもつぶれてしまうほど。高橋は「家族だけで井戸を掘るのがスゴイ。ライブ1回分の汗をかいた」と苦労を明かし、自ら体験することで、改めて一家のすごさを実感していた。
 さらに、“この夏最後の自給自足イベント”として、裏山の竹を切って流し台を作るところから始める“流しうどん”の準備もお手伝い。全長約8メートルの竹の流し台で手作りうどんを流す。そして高橋は、しっかり者の10歳の長男に“悩み相談”も。「なかなか個性を出せない。個性を出すコツはありますか?」と質問すると、10歳の長男から返ってきた答えとは。そして最後に、ホームステイでお世話になったお返しとして、髙橋はデビュー曲「シンデレラガール」を一家の庭で披露する。

関連キーワード

PR情報

エンタメ総合の最新ニュース

記事一覧