明治?の貨車タンク、後世に 撤去知り愛好家奔走、三重の博物館で展示へ

2020年9月17日 16時00分 (9月17日 16時00分更新) 会員限定
貨物鉄道博物館に向けて運び出されるタンク=石川県七尾市矢田新町で

貨物鉄道博物館に向けて運び出されるタンク=石川県七尾市矢田新町で

  • 貨物鉄道博物館に向けて運び出されるタンク=石川県七尾市矢田新町で
 石川県七尾市の石油製品販売「共立商事」が管理していた明治期につくられたとみられるタンクが、三重県いなべ市の「貨物鉄道博物館」に展示されることになった。JR七尾線の前身の七尾鉄道時代に燃料輸送に使われていたとみられ、鉄道愛好家らの間では国内で最も古いとの見方もある。 (稲垣達成)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

PR情報

鉄道まるっと切り抜き帳の最新ニュース

記事一覧