本文へ移動

10代の息子が心臓手術後、弁での逆流を指摘された

2020年9月8日 11時08分 (9月17日 11時48分更新)
 十代前半の息子は、十一年前に心室中隔欠損の手術を受け、その後も年一回受診をしています。担当医が代わって二回目の診察で、三尖(さんせん)弁での逆流を指摘されました。「逆流はこれまでもあり、日常生活に問題ない」と言われましたが不安です。(女性・45歳)

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

PR情報