FC東京・品田、プロ初ゴールも笑顔なし 「自分が奪われての失点」…にじむ主力の自覚

2020年9月17日 11時40分

このエントリーをはてなブックマークに追加
後半、チーム2点目を決めるFC東京・品田

後半、チーム2点目を決めるFC東京・品田

  • 後半、チーム2点目を決めるFC東京・品田

◇16日 J1第24節 FC東京2ー3大分(味スタ)

 プロ3年目にして公式戦初ゴールを決めた品田だったが、痛恨の3失点目に絡み「自分が奪われての失点。1失点目も自分たちのミスから。こういう失点はなるべく少なくしていかないと」と笑顔はなかった。
 攻守に潜在能力は高く、レアンドロの得点も品田の機転の利いたパスから生まれた。それでも「チームを勝たせる選手になりたい」が口癖の生え抜きにとって負けたという事実は重い。
 「東京のサッカーは先に点を取られると難しくなる。先制点、追加点が今後の鍵になる」。今季4試合目の先発フル出場―。主力としての自覚がそんな言葉となって口を突いた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ