ダルビッシュの防御率が2・00から1・86に 公式記録の自責点が変更「メジャーでこういうことは結構あります」

2020年9月17日 11時31分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ダルビッシュ有(AP)

ダルビッシュ有(AP)

  • ダルビッシュ有(AP)
 米大リーグ機構は16日、ダルビッシュ有投手(34)=カブス=が15日のインディアンス戦での自責点を3から2に変更した。これにより今季の防御率は2・00から1・86になった。
 ダルビッシュは自身のツイッターで「公式記録に変更があり、エラーがついたことで自責点が1減りました。メジャーでこういうことは結構あります」とコメントした。
 この試合でダルビッシュは7回に降板し、勝利投手の権利を得ていたがその後追いつかれて8勝目は消滅。それでもチームはサヨナラ勝ちし、「やっぱり勝てば嬉しいです」とツイートしていた。ダルビッシュはナ・リーグのサイ・ヤング賞の有力候補にあげられている。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ