姫ら描いた山桜や桃 越前松平家ゆかりの絵展示 福井

2020年9月17日 05時00分 (9月17日 11時48分更新) 会員限定
松平里子が描いた「山桜図」(右)と、三條千代子の「春風燕語図」=福井市立郷土歴史博物館で

松平里子が描いた「山桜図」(右)と、三條千代子の「春風燕語図」=福井市立郷土歴史博物館で

  • 松平里子が描いた「山桜図」(右)と、三條千代子の「春風燕語図」=福井市立郷土歴史博物館で
 福井藩主やその姫らが筆を執った絵画を集めた企画展「絵をたのしむ−越前松平家の人々ゆかりの絵」が、福井市立郷土歴史博物館で開かれている。紅葉に小鳥や唐獅子などがのびやかに描かれた十七点からは制作の喜びが伝わってくる。十月六日まで。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報