久々にBバス 岐阜県養老町・五三川

2020年9月17日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
筆者に来た32センチバス

筆者に来た32センチバス

  • 筆者に来た32センチバス
  • ブラックバスがヒットする五三川

 久々にブラックバスを狙おうと6日、岐阜県養老町の五三川へ。ワームに32センチがヒット。めっちゃうれしかった。
 同川で釣るには岐阜県養老郡漁協の遊漁料が必要。朝早くて漁協は開いておらず、監視員に日券300円を払った。アングラーズパークという釣り人専用の無料駐車場が5カ所あり、路上駐車せずに釣りができる。車をパーク(5)に止めた。
 ポイントは広いのでロッド1本に飲料水、小さくまとめたタックル、ライフジャケットを着て歩き回るスタイル。当日は約2キロ歩いた。田園風景の中、釣りを楽しみながら歩くのは健康的だ。
 カバー(草、立木、ウィード)狙いを想定し、ハードめのベイトタックル(ロッド7フィート、フロロ16ポンド、中通しシンカー16分の1オンス、オフセットフックL)を準備。ルアーは、B−BAiTワーム(4インチブラウンカラー)のテキサスリグだ。このワームは匂いの玉をセットすることで30分ほど、それが水中に溶け出して強烈な匂いを放つ。
 護岸沿いを狙い、その後沖を狙った。水深は岸際で50センチにも満たない所も。沖でも2メートルほどだ。アタリなく、歩いて投げての繰り返し。しかし久々のバス釣りで、いつ当たるかドキドキしながら待つのも楽しかった。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ