J1で94試合出場 JFL岡崎の船谷「上のクラブと戦いたい」 2得点で初戦突破の原動力に

2020年9月16日 23時24分

このエントリーをはてなブックマークに追加
前半、チーム2点目のゴールを決めるFCマルヤス岡崎の船谷

前半、チーム2点目のゴールを決めるFCマルヤス岡崎の船谷

  • 前半、チーム2点目のゴールを決めるFCマルヤス岡崎の船谷

◇16日 天皇杯全日本サッカー選手権1回戦 マルヤス岡崎3―2鈴鹿ポイントゲッターズ(パロマ瑞穂スタジアム)


 第100回の節目を迎えたサッカーの天皇杯全日本選手権は16日に開幕し、パロマ瑞穂スタジアムなどで1回戦16試合が行われ、JFLのマルヤス岡崎(愛知)は鈴鹿ポイントゲッターズ(三重)を3―2で下した。
 Jリーグ経験豊富なマルヤス岡崎のMF船谷が、勝ち越しゴールを含む2得点を挙げた。前半29分は味方の縦パスでゴール右に駆け込んで右足で流し込み、後半19分はカウンターからGKとの1対1を制して決めた。
 磐田や鳥栖でJ1通算94試合出場の34歳は、プレー機会を求めて加入2季目。勝ち上がれば、Jクラブとの対戦する可能性もあり「上のクラブとやれる機会は天皇杯しかない。できるように戦いたい」と意気込んだ。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ