巨人・原監督、阿部ヘッド代行の意図は「ワンチームですから」

2020年9月16日 22時59分

このエントリーをはてなブックマークに追加
2回裏、先制ソロを放った田中俊(左端)を迎える巨人の原監督(中央左)、阿部ヘッド代行(右端)ら

2回裏、先制ソロを放った田中俊(左端)を迎える巨人の原監督(中央左)、阿部ヘッド代行(右端)ら

  • 2回裏、先制ソロを放った田中俊(左端)を迎える巨人の原監督(中央左)、阿部ヘッド代行(右端)ら

◇16日 巨人7-6阪神(東京ドーム)


 巨人の原辰徳監督(62)は元木ヘッドコーチが虫垂炎で入院したことを受け、阿部2軍監督をヘッド代行としたことについて「ワンチームですから。いかなる場合でもみんなでこう助け合いながらやるという中で最善の策。ヘッドも病気になりたくてなっているわけではないしね」と説明した。
 ファームは平塚でDeNAとナイターだった。原監督からの直電で急きょ駆けつけた阿部ヘッド代行は「監督からは思う存分慎之助らしさを出しなさいと言っていただいた。らしさが何かわからないけど、勝つためにいろんなこと、助言だったりできれば」と意気込みを語った。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ