【岐阜】公立高入試3月3日に変更 予定より6日早く、出題範囲も削減

2020年9月17日 05時00分 (9月17日 05時00分更新) 会員限定
 県教委は十六日、来春の公立高校入試を当初予定より六日早め、来年三月三日に変更すると発表した。新型コロナウイルスに感染するか、濃厚接触者となった受験生の救済策として同十八日を追検査日に設定したため。入試日の繰り上げに伴い、出題範囲も削減する。
 変更前の入試日は三月九日、追検査日は十四日、合格発表は十七日だった。インフルエンザや忌引などで入試を受けられない受験生のために設けていた追検査の対象を、新型コロナの感染者にも拡大。健康観察期間などを踏まえ、追検査日は入試の二週間後以降に設定する必要があるため、日程を変更した。合格発表は二十一日。
 また、高等特別支援学校の入試も一週間ほど前倒しし、来年一月十九日に変更。同様に追検査日を二月三日、合格発表を二月五日とした。 (安江紗那子)
記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから
PR情報

岐阜の最新ニュース

記事一覧