J2磐田 MF山田「必ず1年でJ1復帰」

2020年9月17日 05時00分 (9月17日 05時00分更新)
J1復帰を目指し練習に励むMF山田大記選手=磐田市で

J1復帰を目指し練習に励むMF山田大記選手=磐田市で

  • J1復帰を目指し練習に励むMF山田大記選手=磐田市で
 サッカーJ2のジュビロ磐田のMF山田大記(ひろき)選手(31)=浜松市出身=が安定したプレーで中盤を支えている。十九節を終えて、六位といまひとつ結果を残せない磐田だが、ベテランの強いチーム愛が、一年でのJ1復帰の起爆剤となる。 (川住貴)
 開幕から二試合は交代出場。その後も先発と交代を繰り返す起用だったが、八節以降は、フベロ監督の信頼をつかみ、出場停止の十七節以外は、先発でプレーしている。二十代の時の切れ味鋭いドリブルでゴールを脅かすプレーは減った。一方で、献身的な運動量で守備を行い、チーム全体を動かす効果的なパスが目立つ。ドイツ移籍で、外国人と当たり負けしない体もつくった。
 磐田の育成組織出身。あこがれの選手は、元日本代表FWの中山雅史選手(52)=J3アスルクラロ沼津=。二度のJ2降格にも下を向かず、「何が何でもJ1復帰を」と言い続けてきた。残り二十三試合。磐田がJ1復帰へと、たどりつくためには、技術、戦術以外に、チームへの愛がどれだけ強いかも重要な要素となる。

関連キーワード

PR情報