スパイシーな津ぎょうざ味 野田米菓があられ発売

2020年9月17日 05時00分 (9月17日 05時00分更新) 会員限定
津ぎょうざあられを開発した野田社長=津市大里睦合町の野田米菓で

津ぎょうざあられを開発した野田社長=津市大里睦合町の野田米菓で

  • 津ぎょうざあられを開発した野田社長=津市大里睦合町の野田米菓で
 野田米菓(津市)が、ご当地グルメ「津ぎょうざ」味のあられを十四日に発売した。野田恵子社長(60)は「実物大のパッケージにこだわり、日持ちもするので、ぜひ津の手土産に」と話す。
 津ぎょうざは市内の学校給食が発祥の揚げギョーザで、直径十五センチの皮で包んだインパクトのある見た目が特徴。同社は県内各地の特産品をあられに加工しており、野田社長は「ぜひ製品化してと関係者から言われていて、ギョーザ味の再現が長年の宿題でした」と話す。
 津市民有志でつくる「津ぎょうざ小学校(津ぎょ小)」と飲食店で設立した「津ぎょうざ協会」の監修を受け、ラー油やニンニク、しょうゆの配合を微調整しスパイシーな風味に仕上げた。価格は三百二十四円で、津ぎょうざ一個分の値段を意識している。
 同市大里睦合町にある直営店で扱っており、今後は道の駅などにも展開していくという。(問)野田米菓=059(230)0771 (本間貴子)
記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

三重の最新ニュース

記事一覧