中日・高橋周平は17試合連続安打 6回2得点の起点に 守備でも好プレー連発「明日も頑張ります」

2020年9月16日 22時06分

このエントリーをはてなブックマークに追加
6回表無死、高橋が右前打を放つ

6回表無死、高橋が右前打を放つ

  • 6回表無死、高橋が右前打を放つ

◇16日 広島9―2中日(マツダ)


 中日・高橋周平内野手(26)が6回に右前打を放ち、17試合連続安打とした。
 先頭打者として迎えた3打席目。2ボール1ストライクからの野村の内角カットボールをはじき返した。この一打が2得点の起点となった。
 守備でも5回にピレラの放った強烈なゴロを逆シングルで好捕。6回には鈴木誠の痛烈なライナーをジャンピングキャッチするなどした主将は、「明日も頑張ります」と懸命に前を向いた。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ