滋賀銀、7決済事業者との連携一時停止 不正引き出し問題

2020年9月17日 05時00分 (9月17日 05時00分更新) 会員限定
 NTTドコモの「ドコモ口座」の他にも、決済事業者のサービスを利用した預金口座からの不正引き出しによる被害が、ゆうちょ銀行で相次いで発覚している事態を受け、滋賀銀行(大津市)は十六日、ドコモ口座に加え、新たに七事業者の決済サービスとの連携を一時停止すると発表した。
 対象となるのは、ビリングシステム(PayB for 滋賀銀行)、LINE Pay、メルペイ、J−Coin Pay、PayPay、pring、楽天Edyの七事業者で、新規口座の登録・変更と、チャージ機能を停止する。
 同行はセキュリティー強化のため、新規口座の登録時に本人からの電話発信を必須とする、二要素認証を導入する方針。また、新たに停止した七事業者のサービスにおける被害がないか、利用状況の調査を続ける。
 身に覚えのない取引があった場合の問い合わせは、「しがぎん」ハローサポート=(0120)213560=へ。 (土井紫)
記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

滋賀の最新ニュース

記事一覧