朝乃山 4日目でようやく初白星…北勝富士を寄り倒す 八角理事長「前に前にというのが大事」

2020年9月16日 21時33分

このエントリーをはてなブックマークに追加
朝乃山(左)が寄り倒しで北勝富士を下す

朝乃山(左)が寄り倒しで北勝富士を下す

  • 朝乃山(左)が寄り倒しで北勝富士を下す

◇16日 大相撲秋場所4日目(東京・両国国技館)


 不振の大関朝乃山(26)=高砂=は北勝富士を寄り倒し、初白星を挙げた。
 立ち合いで北勝富士を突き起こしてから右を差して追い詰め、最後は寄り倒しで土俵下にたたき付けた。
 初日からの3連敗に終止符を打つ勝ち名乗りを受け、小さくうなずいた大関。集中力を高めるように取材に応じず、急いで帰路に就いたが、八角理事長(元横綱北勝海)は「若干強引だったが、前に前にというのが大事。これからはいつも通りの朝乃山に戻ってほしい」と話し、復活を願った。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ