中嶋一輝、猛烈な連打で3回TKO勝ち「世界最強のチャンピオンになりたい」

2020年9月16日 21時32分

このエントリーをはてなブックマークに追加
コーナーでの連打でダウンを奪う中嶋(右)

コーナーでの連打でダウンを奪う中嶋(右)

  • コーナーでの連打でダウンを奪う中嶋(右)
 ボクシングのスーパーバンタム級ノンタイトル8回戦が16日、東京・後楽園ホールで行われ、東洋太平洋バンタム級3位、日本同級5位の中嶋一輝(27)=大橋=が、野村健太(23)=仲里=を3回2分39秒TKOで下し、通算9勝(8KO)1分けとした。
 3回から持ち味の力強い攻めを見せ、中盤にボディーを効かせたのをきっかけにラウンド中盤にダウンを奪取。最後はニュートラルコーナーに詰めて猛烈な連打を見せ、野村が崩れ落ちると同時にレフェリーが試合を止めた。
 「最後は決めにいった。日本でも東洋でもいいのでチャンピオンと戦いたい。世界最強のチャンピオンになりたいです」と中嶋。
 昨年行われたバンタム級トーナメントを制し、一気にボクシング界の注目を集めた27歳。大橋会長は「来年にはバンタム級で日本か東洋太平洋のタイトル戦をやらせたい」と、青写真を描いていた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ