雪辱期した登板でまた結果残せず…中日ルーキー岡野、広島の一発攻勢に屈し5イニング4失点で降板

2020年9月16日 21時09分

このエントリーをはてなブックマークに追加
4回裏無死一塁、松山に右越えツーランを浴び、天を見上げる岡野

4回裏無死一塁、松山に右越えツーランを浴び、天を見上げる岡野

  • 4回裏無死一塁、松山に右越えツーランを浴び、天を見上げる岡野

◇16日 広島―中日(マツダ)


 中日の岡野祐一郎投手(26)が16日の広島戦(マツダ)に先発したが、5イニングを6安打4失点で降板した。
 立ち上がりにいきなり捕まった。1回、先頭の大盛から菊池涼、ピレラの3連打で早々と先制点を許した。わずか11球で失点。その後のピンチはしのぎ、2、3回と無失点に抑え、立ち直ったかに思えたが、4回に再び捕まった。
 先頭の鈴木誠に左前打を打たれ、続く松山に真っすぐを右翼スタンドへ運ばれた。痛恨の2ラン被弾。さらに磯村にも左翼へソロ本塁打を浴びた。一発攻勢に屈した。
 マツダでの広島戦は、7月30日の試合で4イニング4失点でKOされていた。雪辱を期したが、またも満足いく結果を残せず、「粘って流れをこちらに持ってくることができなかった。より長いイニングを投げられるようにしたいです」と肩を落とした。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ