ミス・アース・ジャパンに東出あんなさん お茶の水女子大の理学部生「真実の地球の声を届けます」

2020年9月16日 20時47分

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年のミス・アース・ジャパンで、(左から)3位の桝田奈津子さん、2位の塙江里奈さん、グランプリの東出あんなさん、4位の堤渚紗さん

2020年のミス・アース・ジャパンで、(左から)3位の桝田奈津子さん、2位の塙江里奈さん、グランプリの東出あんなさん、4位の堤渚紗さん

  • 2020年のミス・アース・ジャパンで、(左から)3位の桝田奈津子さん、2位の塙江里奈さん、グランプリの東出あんなさん、4位の堤渚紗さん
 「2020ミス・アース・ジャパン」の日本大会が16日、東京都内で行われ、19~28歳のファイナリスト29人の中から埼玉県代表の東出(とうで)あんなさん(20)がグランプリに選ばれた。
グランプリ東出さんの水着姿
 新型コロナウイルスの影響により、今年は無観客で開催。全員参加のカジュアルウエアの審査から水着、ドレス審査と人数が絞られていき、最後は5人での戦いに。東出さんは頂点に立った瞬間、顔を覆った。
 「涙が出ると思ったんですが、(涙よりも)感謝の気持ちがあふれました」
 東出さんはお茶の水女子大理学部に在学中。1次審査の自己アピールで「私がハタチになるこの年、特別な年にしたいと思って来ました。大学で生物学を学び、真実の地球の声を届けられる私が、ミス・アースになります」と宣言したとおり、グランプリを手にした。仲のいい双子の妹は応募しなかったが、二人三脚で勝利のための分析や運動などもすべて一緒に行ったという。
 各国の代表が参加する世界大会は今年、すべてオンラインで行われるといい、23日からフェイスブックやユーチューブでの事前審査を経て、11月29日の最終審査を目指す。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ