柴咲コウ、水川あさみらに「監督やらない?」 山田孝之が全36本の短編映画プロジェクト

2020年9月16日 19時34分

このエントリーをはてなブックマークに追加
「ミラーライアー・フィルムズ」プロジェクト発表記者会見に登場した(左から)関根佑介、伊藤主税、山田孝之、阿部進之介、松田一輝、小金澤剛康

「ミラーライアー・フィルムズ」プロジェクト発表記者会見に登場した(左から)関根佑介、伊藤主税、山田孝之、阿部進之介、松田一輝、小金澤剛康

  • 「ミラーライアー・フィルムズ」プロジェクト発表記者会見に登場した(左から)関根佑介、伊藤主税、山田孝之、阿部進之介、松田一輝、小金澤剛康
 俳優の山田孝之(36)と阿部進之介(38)が発起人となり立ち上げた短編映画の新プロジェクト「MIRRORLIAR FILMS」(ミラーライアーフィルムズ)の発表会見が16日、東京都内で開かれ、女優の柴咲コウ(39)、水川あさみ(37)、俳優の安藤政信(45)、志尊淳(25)らが映画監督に初挑戦することが山田から発表された。
 同プロジェクトは、「新たなクリエーターに出てきてほしい」(山田)と年齢、職業問わず、36人の映画監督が5~15分で「変化」をテーマとした作品を2021年夏から4シーズンに分けて全国で劇場公開。その後、映画祭を開催し、グランプリ作品に500万円を贈る。
 全36本中、著名な俳優や女優、映画監督24人が参加。この日は、その中から12人を発表した。監督経験のある山田、初監督となる阿部もメガホンをとる。山田自ら監督をするよう誘ったケースもあったといい「俳優としても監督の立場や苦労を知ることは重要なこと。そこに気付いて、より皆さんの映画愛が強くなることを期待しています」と語った。残る12人はプロアマ問わず、一般公募で選ぶ。
 柴咲は「『なんだかワクワクする』。純粋なその思いだけを手掛かりに、やったことのないことに挑戦してみるのも良いのかもしれない。『やりたいけど、やり方がわからない』。そういったことも、人が集まれば、できることがたくさんあるのだろう」とコメント。
 水川は「わたしの同級生であり、友だちであり、尊敬する役者仲間でもある山田孝之から面白い話をもらいました。『監督やらない?って』。毎度、刺激と勇気をくれる山田孝之が誘ってくれるならチャレンジしてみようと、不安と期待が入り交じっております」と心境を明かした。
 ほかに監督の井樫彩(24)、紀里谷和明(52)、野崎浩貴(32)、福永壮志(38)、藤井直人(34)、山下敦弘(44)が発表された。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ