憧れは中日・大島洋平!ドラフト注目のトヨタ・逢沢「変化球を待ちながら速球に対応」新スタイルで2安打2打点

2020年9月16日 14時53分

このエントリーをはてなブックマークに追加
2点適時打を放ち、一塁上で喜ぶ逢沢

2点適時打を放ち、一塁上で喜ぶ逢沢

  • 2点適時打を放ち、一塁上で喜ぶ逢沢

◇16日 社会人野球都市対抗大会・東海地区2次予選 トヨタ自動車9―2東邦ガス(岡崎市民球場)

 今秋のドラフト候補として注目されるトヨタ自動車の逢沢崚介外野手(23)=明治大=が16日、社会人野球都市対抗大会の東海地区2次予選・東邦ガス戦に「5番・右翼」で先発出場。2安打2打点と勝負強い打撃でチームの快勝に貢献した。
 2回、チームにとって今大会最初のヒットを中前に運び、迎えた3回。2点を先制し、なおも2死満塁の場面で打席に立つと、狙っていた変化球を振り抜き、中前への2点適時打を放った。
 「前を打つ先輩が打ってくれていたので、気持ちよく打席に立てた。変化球を理想通りに打つことができた」
 社会人になって2年目。「今までは来る球全てを打ち返そうと思っていた」と新型コロナウイルス禍で実戦から遠ざかっていた間は自分の打撃スタイルを見つめ直し、スイングスピードのアップを目指した。その結果「変化球を待ちながら速球に対応する」という理想的なスタイルを身につけ、この日も巧みな打撃を披露した。
 ロッテの小林スカウトは「対応力が向上して打撃の確実性が上がっている。良い選手だなという印象」と評価する。
 憧れは同じく左打ちの中日・大島洋平選手と言い、「まだまだ未熟な部分も多いけど、いつかは大島選手のような走攻守そろった選手になりたい。プロは意識せず自分ができるプレーを全力でしたい」と力を込めた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ