「令和おじさん」に歓迎とあきらめ 菅首相選出

2020年9月16日 16時00分 (9月16日 16時00分更新) 会員限定
 菅義偉自民党総裁は十六日午後、臨時国会で首相に指名された。「令和おじさん」として知られ、不妊治療の保険適用を公約に掲げる菅さん。リーダーとしての手腕に注目が集まる一方、「安倍路線を引き継ぐなら何も変わらない」と冷めた声もある。
 「令和」ゆかりの地、福岡県太宰府市の坂本八幡宮。観光で来た会社員小長谷邦和さん(45)=東京都中野区=は「菅さんらしい政治をしてほしい」とエールを送る。
 同県大野城市の四十代女性は、医療従事者やリモート授業で学校に通えない大学生を心配し「小さい声も拾って」と要望する。兵庫県から夫婦で訪れた六十代の男性会社員は「派閥にとらわれず自由な政策をして」と訴えた。
 菅さんは...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

政治の最新ニュース

記事一覧