カブスのダルビッシュは不運…リーグ単独トップの8勝目ならず インディアンス戦で7回3失点も救援陣が9回に同点2ラン

2020年9月16日 12時16分

このエントリーをはてなブックマークに追加
インディアンス戦に先発したカブスのダルビッシュ(AP)

インディアンス戦に先発したカブスのダルビッシュ(AP)

  • インディアンス戦に先発したカブスのダルビッシュ(AP)

◇15日 カブス6-5インディアンス(シカゴ)

 カブスのダルビッシュ有投手(34)が15日、本拠地シカゴのリグリーフィールドでのインディアンス戦に先発し今季最多の9安打を打たれるも7イニングを3失点。勝利投手の権利を得て降板したものの、救援投手が9回に同点2ランを浴びてリーグ単独トップの今季8勝目を逃した。試合は9回に押し出し死球でカブスがサヨナラ勝ちした。
 球数は100球ちょうどだった。三振は7個を奪い、リーグ2位タイの今季79個とした。防御率は2.00でリーグ5位に落ちた。
 1点リードの3回に先頭打者を許すと、次打者のバントを捕球した三塁手の一塁への悪送球で二塁走者が生還。打者走者は三塁まで進み、続くリンドアに勝ち越しの適時二塁打を打たれた。5回にも失点を許した。7回に味方打線の右犠飛で勝ち越しに成功したが、9回に登板したジェフレスがリンドアに同点2ランを左翼席に運ばれた。
 ダルビッシュは日本投手初となるサイ・ヤング賞(最優秀投手賞)の有力候補に挙がっている。前回登板で連続試合勝利が7で止まった際には「これで頭がクリアになったというか、また新しい気持ちでやっていきたい」と話していた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ