【長野】新高校入試1年延期、25年春に コロナで準備遅れる

2020年9月16日 05時00分 (9月16日 05時00分更新) 会員限定
 県教委は、新たな学習指導要領に基づく県立高校の入試の導入時期を当初予定していた二〇二四年春から一年延期し、現在の小学五年生が高校受験を迎える二五年春とする方針を決めた。県教委は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う臨時休校への対応で新制度導入の検討が進まなかったため、としている。 (城石愛麻)
 高校入試の新制度では、面接や成績表などを基に合否を決めている前期選抜で五教科の学力検査を全ての高校で導入するほか、後期選抜で主体性の評価方法として面接やグループ討議、プレゼンテーションなどを「その他の検査」として学校独自に新設する案が、これまでに示されてきた。
 県教委によると、新制度は来年九月末までに公表し、各地の住民説明会を経て二二年三月までに正式決定する。
 新制度を巡っては、県教委は当初、二二年春の導入を計画していたが、教育現場や保護者から「性急すぎる」などとの慎重意見が上がり、二年先送りさせた経緯がある。今年一月、現在の小学六年生が高校受験を迎える二四年からの導入を決定。これに先立つ来年三月までに正式決定するとしていた。
 原山隆一教育長は今月十四日の記者会見で「感染症による学習の遅れをどう...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから
PR情報

長野の最新ニュース

記事一覧