全国2位 パティシエが開業 大額で真島さん 辻口さん監修の店で修業

2020年9月16日 05時00分 (9月16日 05時02分更新)
季節の果物を取り入れたケーキを提供している真島佑生さん=金沢市大額で

季節の果物を取り入れたケーキを提供している真島佑生さん=金沢市大額で

  • 季節の果物を取り入れたケーキを提供している真島佑生さん=金沢市大額で

 七尾市出身のパティシエ辻口博啓(ひろのぶ)さんが監修する同市の洋菓子店「ルミュゼドゥアッシュ和倉店」で十年間修業し、独立したパティシエの真島佑生(ゆうき)さん(37)が、金沢市大額に洋菓子店「パティスリー マシマ」を開いた。季節の果物を取り入れたケーキが好評で、「本場フランスらしいケーキと、家族向けのカジュアルなケーキの両方を提供していきたい」と話している。 (堀井聡子)
 洋菓子店は五月に開店した。店内に入ると目に飛び込んでくるショーケースには、約二十種類のケーキがずらり。イチジクなど旬の果物がのったタルトや、濃厚なチョコレートケーキ。一部のメニューは週替わりで飽きさせない工夫をしているほか、パウンドケーキや焼き菓子も販売している。
 名古屋市出身の真島さんは、二〇一〇年から和倉店で働いていた。商品開発にも取り組み、一七年には洋菓子の全国コンテスト「ジャパン・ケーキショー」で、あめ細工とホールケーキの腕を競う部門で二位に選ばれた。
 「ルミュゼドゥアッシュは高級なイメージがあるけど、うちの店はもっとカジュアル。ミルフィーユなどフランスの定番ケーキも増やしたい」と話した。
 営業時間は午前十時〜午後六時。ケーキが無くなり次第終了。定休日は月曜と第二、第四火曜。(問)パティスリー マシマ076(299)7331

関連キーワード

PR情報

石川の最新ニュース

記事一覧