【岐阜】下呂温泉に悪疫退散の大輪 コロナ収束願い、10月から花火

2020年9月16日 05時00分 (9月16日 11時11分更新) 会員限定
コロナ禍収束を願う花火大会をPRする実行委の滝大会長(左)=下呂市森のいで湯の里ふれあいセンターで

コロナ禍収束を願う花火大会をPRする実行委の滝大会長(左)=下呂市森のいで湯の里ふれあいセンターで

  • コロナ禍収束を願う花火大会をPRする実行委の滝大会長(左)=下呂市森のいで湯の里ふれあいセンターで
 下呂市の下呂温泉で十月から半年にわたり、新型コロナウイルスの収束を願う花火イベントが行われる。「下呂温泉花火物語」と銘打ち、毎週土曜の午後八時半から十分間に二千五百発以上を打ち上げる。
 サブタイトルに「悪疫退散」と、日本書紀から取った「天壌無窮」を使い、コロナ禍の収束や、市が永遠に続いていくよう願いを込めた。市の予算や事業所からの協賛金で打ち上げる。
 下呂温泉の花火は例年、...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから
PR情報

岐阜の最新ニュース

記事一覧