償いと感謝を胸に刻み再出発 朝日大硬式野球部、5カ月ぶり練習

2020年9月16日 05時00分 (9月16日 11時08分更新) 会員限定
活動を再開し、練習に打ち込む朝日大硬式野球部の選手=瑞穂市穂積の同大で

活動を再開し、練習に打ち込む朝日大硬式野球部の選手=瑞穂市穂積の同大で

  • 活動を再開し、練習に打ち込む朝日大硬式野球部の選手=瑞穂市穂積の同大で
 岐阜市内で三月に起きた路上生活者(ホームレス)襲撃事件に当時の部員が関係したとして四月から活動停止中だった朝日大(瑞穂市穂積)硬式野球部が十五日、練習を再開した。約五カ月ぶりのグラウンド。選手らは神妙な面持ちで、久々の練習に汗を流した。年内は対外試合を自粛するという。 (岩本七海)
 「四月以降、いろいろなことを考えたと思う。自分で考えて行動し、未来につなげていってほしい」。前コーチで、今月から監督代行を務める高橋直仁さん(54)は練習前のミーティングで選手らに訴えた。
 参加したのは一〜三年生の選手ら百二十八人。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

岐阜の最新ニュース

記事一覧