「打てる捕手」の本領発揮…巨人・大城が勝ち越し2点適時打 勝てばマジック「38」点灯

2020年9月15日 20時40分

このエントリーをはてなブックマークに追加
6回裏1死満塁、大城が右前に2点適時打を放つ

6回裏1死満塁、大城が右前に2点適時打を放つ

  • 6回裏1死満塁、大城が右前に2点適時打を放つ

◇15日 巨人-阪神(東京ドーム)

 巨人の大城卓三捕手(27)が貴重な一打を放った。6回。同点に追いつきなお1死満塁。阪神の2番手岩貞の初球を振り抜くと、打球は右前へ。勝ち越しの2点適時打になった。
 大城は一塁ベースを回ると、右手をあげて喜びを爆発させた。勝てば優勝マジック「38」が点灯する一戦で「打てる捕手」が本領を発揮した。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ