「アインシュタイン」の稲田が新型コロナに感染 発症日は12日、翌日発熱し検査 現在は自宅療養中

2020年9月15日 11時41分

このエントリーをはてなブックマークに追加
「アインシュタイン」の稲田直樹

「アインシュタイン」の稲田直樹

  • 「アインシュタイン」の稲田直樹
 お笑いコンビ「アインシュタイン」の稲田直樹(35)が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性と判定されたと15日、吉本興業の公式サイトで発表された。
 13日早朝に発熱があり、14日に検査を受けて感染が判明した。発症日は12日とされ、現在は自宅待機中。今後は保健所の指導に従って適切に対処していくという。吉本興業は「同社グループにおいては医療専門家、行政機関の指導のもと、引き続きお客様、所属タレント、お取引先の皆様、社員の安全確保を最優先に新型コロナウイルス感染予防、拡大防止を実施していく」としている。
 吉本では極楽とんぼの山本圭壱、ココリコの遠藤章造、品川庄司の庄司智春らが新型コロナに感染し、既に回復している。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ