本文へ移動

関ケ原合戦420年、節目の年盛り上げイベント多彩

2020年9月15日 05時00分 (9月15日 11時47分更新)
 天下分け目の戦い、関ケ原合戦から今年で420年。主戦場の関ケ原町以外にも、その前哨戦などを含めるとさまざまな地で争いが繰り広げられ、西濃地方にもゆかりの史跡や資料が多く残されている。旧暦の9月15日に合戦が繰り広げられたことから、15日に合わせて企画展やイベントが各地で開かれ、節目の年を盛り上げている。(藤野治英、芝野享平、西村理紗、柳田瑞季)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報