呉羽梨風呂 肌すべすべ 富山の27浴場 ほのかな香り

2020年9月15日 05時00分 (9月15日 10時28分更新)
呉羽梨を入れた「梨風呂」につかる浴場の利用客=富山市月見町の開発鉱泉で

呉羽梨を入れた「梨風呂」につかる浴場の利用客=富山市月見町の開発鉱泉で

  • 呉羽梨を入れた「梨風呂」につかる浴場の利用客=富山市月見町の開発鉱泉で
 富山市の特産品、呉羽梨を湯に浮かべた「梨風呂」が十三日、市内二十七の浴場で催された。
 夏の疲れを癒やしてもらおうと、県公衆浴場業生活衛生同業組合富山支部が企画した。同支部によると、梨風呂は日焼けやあせもなど、夏特有の肌トラブルに効能があるという。なのはな農業協同組合呉羽梨選果場(同市)から同支部が梨を買い取り、各浴場に提供した。
 同市月見町の「開発鉱泉」では、呉羽梨十五個ほどを湯に入れた。入浴客は梨を手に取り、ほのかな香りを楽しんでいた。代表の相地薫さん(44)は「ゆっくり湯につかり、体の疲れを取ってくれたら」と話した。(山岸弓華)

関連キーワード

PR情報