中日救援陣は鉄壁リレー 6回終了時にリードした展開では17連勝 2年ぶりにハマスタで勝ち越し

2020年9月14日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
安定感抜群の守護神R・マルティネス

安定感抜群の守護神R・マルティネス

  • 安定感抜群の守護神R・マルティネス
 鬼門のハマスタで接戦をものにした。中日は13日のDeNA戦(横浜)に先発した吉見一起投手(35)が5回途中2失点で降板したものの、救援した5投手が無失点リレーで1点差勝利。今季開幕から6連敗していた横浜で、2018年7月11日以来3年越しのカード勝ち越しを決めた。
 中日の鉄壁リリーフ陣は、この日も頼もしかった。わずか1点のリードを5人の投手が守り、5回途中から無失点でリレーした。
 先発・吉見からまずバトンを受けたのは又吉。5回1死二塁、一打同点の場面でマウンドへ。最初の打者のソトは死球を与えたものの、佐野、宮崎の4、5番をしっかり打ち取った。与田監督が「ホントによく抑えてくれた」とたたえたピッチングで勝利への流れをつくると、6回以降は谷元、祖父江、福、R・マルティネスが役割を果たした。
 6回に登板した谷元は「ゼロで帰ってくることができて良かったです。またあさってから頑張ります」と前を向く。7回を三者凡退に抑えた祖父江は11試合連続無失点。プロ入りした2014年から7年連続30試合超えの登板を果たした右腕は、今季は初めて防御率1点台を維持する好調を持続。「調子どうこうでなく、与えてもらった場所で精いっぱい頑張ります」と気迫の投球が実を結んでいる。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ