ラグビー明大と慶大が実戦形式の合同練習 明大が5トライで33-26の”勝利”

2020年9月13日 22時03分

このエントリーをはてなブックマークに追加
慶大との試合形式の練習で力強く突進する明大の箸本主将

慶大との試合形式の練習で力強く突進する明大の箸本主将

  • 慶大との試合形式の練習で力強く突進する明大の箸本主将
 関東大学ラグビー対抗戦グループの強豪・明大と慶大が13日、東京都世田谷区の明大八幡山グラウンドで実戦形式の合同練習を行った。対抗戦は10月4日に開幕予定。
 今回は、慶大側の校内事情で「試合」という形式を取れず、時間も30分ハーフとしたが、レフェリーもつけた実戦形式で現時点での到達度をチェック。“試合”は明大がFB小島(4年・明大中野)の2トライなど5トライをあげ33―26で勝ったが、慶大もラインアウトモールからの3トライなど4トライを奪った。明大ナンバー8箸本主将(4年・東福岡)は「開幕前に慶大の激しいプレッシャーを経験できてよかった」。慶大のロック相部主将(4年・慶応)も「これが開幕前唯一の実戦。明大を相手に試せて自分たちの力がわかった」と、双方収穫の多い実戦練習だった。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ