本文へ移動

中山ダート1800メートルの新馬戦はティアップリオンが差し返してV…内田「並んでから頑張ったように勝負根性がある」

2020年9月13日 15時13分

このエントリーをはてなブックマークに追加

◇13日 新馬戦(中山競馬場・ダート1800メートル)

 5番人気のティアップリオン(牡2歳、父リオンディーズ、母ティアップレーヴ、美浦・奥平)が4角手前からロングスパート。一度は外からかわされた2着馬をもう一度差し返して新馬Vを決めた。
 内田は「スタートが良くても無理に行かせずリズム重視で走らせた。並んでから頑張ったように勝負根性がある」と振り返った。奥平師は「十分仕上がっていたので出来の良さとジョッキーのおかげで着差以上に強い競馬だった。少し放牧に出して使っても東京の後半かな」と話した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ